施設概要

●診療科目
泌尿器科、脳神経外科、内科(消化器・腫瘍内科、循環器、呼吸器)、皮膚科
●病床数
120床(内、ICU12床)
●各種指定等
救急告示指定、労災指定、生活保護法指定、感染症法(結核)指定、原子爆弾被爆者医療指定、7:1一般病棟入院基本料、薬剤管理指導施設基準、麻酔管理施設基準、外来化学療法施設基準2、救急医療管理施設基準、1.5テスラMRI施設基準、マルチスライスCT施設基準、専門医による手術の施設基準、診療録管理体制施設基準、栄養管理施設基準、医療機器安全管理施設基準1
●その他設備
24時間保育施設、院内レストラン、売店、等
●外来受付時間
平日:午前9時~11時30分 午後1時00分~4時00分
●面会時間
午前11時~午後8時
●人間ドック
脳ドックをご用意しております。
アクセスマップ

アクセス

JR仙石線陸前赤井駅下車 歩15分
三陸自動車道 石巻港ICより3分(詳細地図)

医療法人社団仙石病院(せんせきびょういん)
〒981-0501
宮城県東松島市赤井字台53-7
TEL 0225-83-2111 FAX 0225-83-4310

マップ拡大(PDF)

理事長挨拶

「私的病院の位置づけ」

日本では低い医療費にもかかわらず全体的に高い医療水準が維持されており、これがさまざまな医学的な指標で国際的に高い水準にあることは、高く評価されています。
これを支えたのは医療関係者、特に病院の医療職の献身的な貢献があったからです。しかし、個人の献身に頼りすぎたために現場が疲弊し、専門職が病院を離れていく事態が進んでいます。この事態に対応すべく効率のみを重要視した施策がうちだされ、中核病院と周辺病院といった色分けのもとに、ますます管理された医療の方向に向かっているのは憂慮すべき事態です。
公的病院では種々の補助金が投入されているために、最近は医療が経済活動と位置付けられ、本来医療の素人である行政の介入を招いた結果、専門職の自由な医療活動が束縛されたり、誇りが傷つけられる結果になっているのは残念なことです。
私的病院の最大の特徴は何ら公的補助を受けていないことにあります。したがって全職員で自分たちの目指す医療に向かって知恵をしぼりながら医療を展開してゆくことができます。医療水準、看護水準の維持は当然として、職員の士気と向上心、さらにある程度の余裕などが混然となって醸し出される雰囲気が病院のカラーになるのだと思います。
私たちの病院はこういった方針を一貫して貫きながら運営していますが、地域住民に高く評価していただいていると自負しています。
日本の医療が迷走しているこの時代に、これからの医療職に就こうとしている皆さんにぜひ参加していただきたいと思います。